映像制作

その他

画素数 DVDの配布 ご意見 リンク サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

映像制作

ことわざで「百聞(ひゃくぶん)は一見にしかず」と言うように、人は眼で見ることのほうが、良く分かると言われています。

映像制作の目的

「映像」と言えばTVを思い出す方が多いと思いますが、今ではいろんな所で使用されるようになっています。チラシやポスターなどと違って動きがあり、音楽も流れることにより、訴求力はかなり大きいので、その力を必要とする、新商品や新サービスのプロモーション、企業の紹介映像などに利用されています。その映像の訴求力によっては、商品の売り上げや会社のイメージなどにも直結してくる可能性が大きいです。

特に、新商品や新サービスのプロモーションには、分かりやすく伝えることや従来までとの違い、その特性などを紹介することが必要です。そのためには、目を引く必要がありますが、目立つだけではいけません。それ以上に分かりやすさというものが求められます。全ての人に「分かりやすい」と感じさせるのは至難の業ですが、それでも、分かりやすい映像が本当に伝えたいことを訴えられるのです。

ただし、そういった映像を作るには、手間と技術とお金が必要です。単に自分でとった映画やアニメなどのCMカットくらいならともかく、訴求力があり、分かりやすいといった要素を入れるには、編集という作業と技術が必要となるはずです。

映像の表現方法

また、映像を制作するにしても、いくつかの表現方法と言うものがあります。新商品や新サービスのプロモーション、企業の紹介映像などその用途に合わせた表現方法を考えなければなりません。それぞれの映像によって得意な表現方法や不得意な表現方法もあるはずです。どんな表現を求めているかを考え、それぞれに合った表現方法を選ぶようにしましょう。映像は大きな力を持ちますが、そのため、マイナスに転ぶばとんでもないダメージとなります。

以上の技術を駆使して、あなたが求める、または必要とする表現を使用し、映像に演出を入れることで、訴求力を高めることができるようになります。しかし、これらの表現方法には、ある程度の知識が技術がないと難しいのもあります。特にCGアニメーションはパソコンで作成することになりますので、パソコンでCGを作るだけの技術がないといけません。そのような技術を持っていない場合には、他社への依頼を頼む必要が出てくるでしょう。

Valuable information

販促品の買付け
http://sp.ecollabo-jp.com/
デュビアのお店
http://muruguay31h.ocnk.net/
東京の遺品整理|便利屋BACK UP
http://www.back-up0009.com/
パワーストーンブレスレットのお店
http://anela-stone.jp/
六本木のネイル専門店
http://florir-nail.com/
トップページ映像制作会社を選ぶ映像を依頼する映像編集機材
「いつ」の映像ビデオ制作画素数DVDの配布
ご意見リンクサイトマップ